転職の際の応募書類、職務経歴書

転職

転職について

転職の際の応募書類、職務経歴書

画像

転職の際は、はじめての就職の際と、応募書類が異なります。
はじめての就職やアルバイトでは、自身の紹介書面として、履歴書の実が必要ですね。
しかし、転職の際には、それに加え、職務経歴書というものが必要になってきます。
職務経歴書とは、その言葉のとおり、(自分のこれまでの)職務の経歴を書く書類です。
履歴書が基本的に手がきが好ましいのに対し、職務経歴書は、基本的にパソコンでの作成が好ましいです。
時系列での文面となるため、簡潔で見やすいパソコン作成が良いでしょう。
職務経歴書の書き方は、履歴書の「職歴」欄の内容を、ひとつずつ、より細かく詳しく正確に書いていくイメージをもってください。
前職の会社の規模や従業員数などの情報、所属していた部署での具体的な仕事内容、自身の実績などを、箇条書きで書いていきます。
職歴が複数ある場合は、時系列に、ひとまとめずつ書いていきます。
基本的に正社員での職歴を書きますが、アルバイトでの経験を転職先で活かしたい場合などは、アルバイトを書いても構いません。